七夕の飾りの意味を知れば、準備や片づけが苦じゃない!?

7月のイベント





 

1年に1度の夏の風物詩と言えば、

ズバリ「七夕」ですよねー!!

 

「今年は、織姫様彦星様は会えるのかな?」

なーんて、

大人になっても、そんな事を考えています。

 

いくつになっても、幼さが残っている私ですが、

七夕の飾りの意味が、さっぱり分かりません。

 

どんな意味があるのか、とても気になりますよね。

私が、調べさせていただきましたー!!

 

七夕の飾りの種類と、飾りに込められた意味とは

あなたは、七夕の飾り1つ1つに、

意味が込められている事をご存知でしたか?

 

私は、子供の時から七夕のイベントの時に、

折り紙で、当たり前のように飾りを作っていましたが、

 

その作った飾りに、意味が込められているなんて、

まったく知りませんでしたし、

考えた事もありませんでした。

 

そこで、私が自分で調べてみたので、

あなたに、お話しさせていただきます。

 

調べてみた結果、なんと七夕の飾りは13種類も、

ある事が分かりました。

 

沢山ありますねー!!

では、簡単にお話ししますね。

吹き流し

お裁縫や芸事の上達を願います。
 

くずかご

整理整頓や節約、倹約の心を育てる意味があります。

  お財布・巾着(きんちゃく)

金運の上昇を願います。

  綱飾り・投網

大漁・豊漁祈願のための飾りのものです。
 

輪飾り

みんなの夢が、繋がりますようにという意味があります。
 

提灯(ちょうちん)

⇒みんなの心を、明るく照らしてくれるように、明るい未来への願いが込められています。

 

星飾り

みんなの願い事が、星まで届くようにという意味です。

 

貝飾り

魚や貝が、沢山とれますようにという願いがあります。

 

菱飾り

天の川をイメージしています。

 

紙衣

災いや穢れの、身代わりになってもらう意味が込められています。

 

織鶴

長生き出来ますようにとお願いする飾りです。

 

織姫と彦星

⇒2人のように、ずっと仲良く永遠の愛が、

続きますようにというロマンティックな願いです。

 

笹の葉

⇒昔から魔物(邪気)を、払う葉とされてきています。

 

1つ1つ見てみると、とても勉強になりますね。

 

あなたが、次に七夕の飾りを作る時に、

友達や子供に、教えちゃいましょう!!

 

小さい子も楽しむ七夕の飾りの短冊書き、してはいけない願い事がある!?

七夕の短冊に、願い事を書く事は夢があると感じませんか?

 

カラフルな色の短冊に、みんなの願い事が書かれていて、

その短冊が、笹に飾られている所を見ると、

私は、気持ちが癒されます!!

 

しかし‼その短冊に、してはいけない願い事があるのです。

 

どんな内容なのか、とても気になりますよね。

あなたにも、是非覚えていただきたいので、

お話しさせていただきますね。

 

その願い事とは、何が欲しいとか何処へ行きたいといった、

欲望ではなく、習い事や勉強など物事の上達を、

願う事が筋になります。

 

その他には「無病息災」や「家内安全」、

「織姫」や「天の川」といった七夕にちなんだ事や、

和歌などが相応しいとされているのです。

 

とても勉強になりますね。

私の場合は、振り返ってみると七夕に願い事を書く時は、

家族の健康や、子供の習い事の上達などを、

願う事が多かったですね。

 

七夕の飾りでは、提灯や輪飾りなどを作っていました。

いやぁー!!とても懐かしいですねー。

 

でも、願い事と言えば自分の欲が、

頭の中に思い浮かぶ事が多いですよね。

 

「世界一周旅行がしたい」や「好きな芸能人に会いたい」など、

両手と両足の指を使っても、

足りないくらいの欲の数がありますよねー!!

 

しかし、そこの部分をグッと我慢をしていただき、

物事の上達の願い事を書きましょうね。

伝統的七夕って何!?8月25日は織姫と彦星を見つけよう!!
あまり知られてませんが、8月25日は『伝統的七夕』の日です^^七夕といえば毎年7月7日ですが、『旧七夕』や『伝統的七夕』と旧暦に基づいた月の動きを基準にして、毎年変化します。旧暦の日付は現在の暦より約一か月程度遅くなりますが、旧暦は月の満ち

まとめ

 

(七夕は、ひらがなで書くと「たなばた」って書きますが、

この「たなばた」の文字を入れ替えても、

たなばたの言葉が、出来る事に気が付きました。

気が付いた時は「あっ!!」ってなり、少しビックリしましたね。)

 

「七夕」は子供の行事だと思っていましたが、

こうして調べてみると大人になっても

楽しみたい行事であることがわかりました‼

今年は短冊に願い事を書いてみませんか?

七夕の当日は、歌を歌って楽しんじゃいましょう。